日本実践空手道 英真会

 愛と平和な西新宿な日々 と 高円寺の夜
<<  夜明けのスキャット 36 報告書 5 | main | 夜明けのスキャット 38   >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
     夜明けのスキャット 37 報告書  6
    0
       
      桂三が殺された理由の可能性 (5)

       殺されたのは間違いないと思われるその理由は メソット警察と日本大使館からもらった写真をみた結果自殺とは思えない。その疑問点を幾つかにまとめてみた。もう一つkzが亡くなったときタイでニュースがテレビに流れた。その時A氏がそのニュースをビデオで録画した。その中には桂三の遺体がちゃんと写っている。その二つを見性して見た。そしていくつか疑問点をまとめてみた

      kzの遺体の疑問点
      1 出血が多い 首吊り自殺ではあまり血が出ないらしい

      2 棒で目の上に殴られた痕がある

      3 口から血が出ている 普通首吊りの場合鼻から血はでるが 口からは出ないらしい

      4 背中の傷を 写真があるのに説明がない 

      5 手首にためらい傷がある、がためらい傷にしては傷が汚いと思う。が手錠の痕と考えたら説明がつく

      6 あの状態で本当に死ねるのか座ったままはカナリ苦しいはず 耐えられないとおもう。あの死に方はよく刑務所とか麻薬を服用し錯乱状態になった人が死ぬ方法だ。が桂三はそのような状態ではなかった。死ぬなら他の方法があったはず 

      7 遺体に 蚊に刺された痕が少ない。 あの場所は 近くに川が流れていて 蚊が多い 

      8 アノ辺りは 草木。棘。が カナリ多く 短パンで 歩いたら 手足に カナリの傷を負うが傷は少ない

      9 顔の左の頬にL字の深い傷がある。この傷は私も見ているがどれにも説明が乗ってない 

      10 首を吊っただけなのになぜ6箇所も

      11 首に赤い傷がある。これは 生きてるときに傷つけられた傷ではないのか

      12 外務省は 外傷は特に無しと言っていたが あった なぜ言わなかったのだろう

      13 頬についた×の傷後は 検死報告書には出ていない。しかしビデオにも写真にもその傷後はちゃんと写っている。私自身もその傷痕をみている

      14 警察と大使館は自殺したあと ためらい傷が両手にあるといっていた。しかし検死報告書にはその傷を裂傷と表現している。つまり裂けた痕と表現している。

      15 両手にためらい傷があると言っているが、桂三は左利きである。両手を上手く自分で切れるだろうか?

      16 大使館の説明だと首についている6本の傷は現場検証の時首についていた紐を引っ張ったときについた傷と説明を受けたが紐をひっぱって6本も傷がつくだろうか。首についている1番上の傷がどす黒くなっている。そのどす黒くなっているのが、紐を引っ張った時の傷だと思われる。他の赤くなっている傷は死ぬ前に付いた傷だと知り合いの警察関係者に言われた。正しこの傷は自分でつけようと思えば自分でつけられるらしい。岩手医大法医学の先生の証言

      17 首を絞められて殺された場合モガキ傷ができる。首の所にモガキ傷の跡が見受けられる。自殺ではモガキ傷はできない 


      その他kzが自殺とは断定できない理由がkzの行動からも説明ができる。それを 幾つかにまとめた
       桂三の行動の疑問点

      1 19日に回りに電話をしている 死ぬそぶりはみせていない I氏に24日に山に入ると言っていた
      2 所持品にライトが無かった。死亡推定時刻は2月20日pm9時頃あの辺は明かりが無くライトが無ければ 歩けないし紐もむすべない

      3 なぜあんな所でわざわざ首を吊るのか あそこまで歩いて1時間以上かかる。しかも桂三はサンダルを履いている。あそこまでサンダルで行って暗闇の中自殺するのだろうか 桂三は所持品の中に運動靴が3足あった もし歩いていったとしても サンダルに泥は少ししかついていない
      4 死ぬ人間がその日に病院に薬を貰いに行くだろうか?風邪薬を貰いに行ったついでに死ぬ人間がいるだろうか

      5 遺書が無かった 普通日本人だったら遺書を書くはず

      6 桂三担当の警察に私はこう 聞いた「あなたは これは ほんとうに自殺だと思いますか」警察「まだ自殺だとは思っていない まだ捜査する必要がある」と 答えた なぜ簡単に話しを覆すのだろうか?

      7 足跡の説明を受けたがかなり不自然な足跡だった。警察の説明によるとその足跡があった場所から入ったらしいが棘ダラケでそこから入る気はしなかった。入るならもっといい場所があった

      8 吉田桂三は自殺するような人間ではない。これは私だけの意見ではない。

      9 検死報告書のなかには処方した薬が検出されてない

      10 桂三が亡くなった死亡推定時刻は2003年2月20日pm9時である。しかしバイクタクシーの運転手は桂三を国道沿いで歩いていたのをみかけたのが pm3時というが、バイクタクシーの運転手が見かけた場所から死体発見現場まであるいて30分くらいだと思う。がとしたらその間の5時間半桂三はあの電灯もなく真っ暗闇の中、死亡推定時刻のpm9時まで何をしていたのだろうか?
       
      11  桂三はパオ病院に風邪薬を処方してもらったと証言はあるが、処方箋をもらうだけの語学力があったのだろうか?

      12 ちなみに桂三事件のあと桂三事件担当の警官は他の部署に移動になった。A氏の証言によると桂三担当の警官はメソットにきて1年も経っていない。しかも桂三担当の警官はメソット警察署ではかなりえらいらしく他のところに移動する理由がないらしい。
      どこへ移動したのかは、不明らしい。

      13 夜中の9時にあの首を吊った木をどうやって発見したのだろう。どうやって暗闇の中あの木に紐を木に縛り自分の首にまいたのだろうか?ライトは所持品の中にはなかった

      14 他に首をつるような場所がたくさんあったにも関らず桂三はドブの中をえらんだのはなぜか?他に自殺する方法は幾らでもあったはず


      kzが持っていた所持品の中になくなっていると思われるのが幾つかある。それをまとめてみた
      無くなっている所持品

      1眼レフカメラ A氏所有 400バーツ CDプレイヤー 携帯電話2つ(桂三がメモ帳代わりにしていた) 写真(女と一緒に写っていた) 本(金融関係)
       その他本文に書かなかった証言が幾つかある。
         証言集
      1。前の日pm3:00頃遺体発見場の途中の国道でバイクタクシーの従業員がkzが歩いていたのを 目撃している
       
      2 警察の事情聴取に目撃者を呼んでくるときに警察か誰かが これで 自殺となると言ってたらしい。 

      3 死んだ前の日モエイ川で ぼーっとしているのを 住人が 目撃 (あやしい)

      4 桂三が泊まってたゲストハウスの経営者は 警察関係者
        
      5 桂三が辞めてたあとkzの客の債権は 佐々木がもらった 

      6 桂三の上の人たちは皆逮捕されたらしい桂三証言(金融関係)

      7 パオ病院が処方した薬は風邪薬と食道炎の薬と言っていたが 違うと言う情報があった。そのことを確かめに3ヶ月前メソットに確かめに行ったが門前払いをくらった。いまs氏にそのことを頼んでいるが返答なし

      8 大使館の話だと遺体発見現場までは車で運ぶルートは無いと言っていたが実際は2つあった.一つは裏の工場からだ。2つ目は工場に入る門の脇に道がありそこには、ちゃんと車道(ひんぱんに車が通ると出きる道)ちなみにこの道のことは大使館は知っていた
      9 喧嘩し出て行ったのは20日死ぬ前の日である、しかしゲストハウスの人間は19日と言い張っていた。
      10  A氏の話によると桂三は日本から2,300百万円の金を持っていったらしい

      11 私達がkzの遺骨を引き取りにメソットに行った時私達の後を警察がずっとあとをつけていた.皆で夕食を食べていたら外で警察がずっと私達を見張っていた

      12 もらった写真とビデオと司法解剖の結果を専門家にみせたところこの写真とビデオと検死報告書でははっきりと自殺とは断定できないといわれた。自殺といえば自殺 他殺といえば他殺らしい。しかし私は日本大使館とタイの警察からもらった書類も専門家にみせてある。警察が自殺と断定した書類関係を専門家にみせてもはっきりと自殺と断定することはできなかった。

      13 Sさんのところに来たメソートの警察官が彼がタイ語がだめなので私のところに頼みにきました。その時の情報が次の日のタイ新聞に載っていたので、それを見た知り合いの大使館関係者から電話があって詳しい事情を聞いてきたので説明をしただけです。

      14 2003年の1月4日にもメソットで45歳の日本人男性が首を吊って自殺している。この時は殺人としてちゃんと捜査しておりメソット在住のSさんも疑われた。(この後遺書が見付かり自殺と断定された)この自殺については桂三も知ってた

      15 I氏によると桂三はそのことを聞いて「俺もそのうち死ぬんですかね」とおびえた様子だった。この時の桂三の格好は以前は素朴な青年という印象だったがその時はチンピラにしか見えなかったらしい。

      16 2003年の1月 桂三が死ぬ1ヶ月前にメソットで遺体で発見された日本人K氏は自殺ではなく他殺の可能性がある。このK氏が遺体で発見されたときホホに骨まで達する傷があった。

      17 桂三が死んですぐHはメソットから姿をけした ゲストハウス責任者証言

      18 ゲストハウスの責任者の話では日本人が桂三を殺したのではないかと言っていた

      19 桂三がなくなったとき警察が桂三の荷物を取りに来る前日本人が二人桂三の泊まってたゲストハウスにきて何か書類を持っていったらしい。その日本人と持っていった書類は何かはわからない、ゲストハウス責任者証言
      20 ゲストハウスから書類を持っていったのは IとHである(I証言) 

      | tosiyosi | 夜明けのスキャット | 18:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 18:49 | - | - | - |
        今まで読ませていだだきました。

        大変濃い内容でしたが、正直読み辛く、情景が浮かんでこない場合が多々ありました。

        あっ、批判ではありません。
        もしかしたら別の機会に他所への掲載、はては書籍化の可能性もあるかもしれませんね、そこでお節介ですが読みにくかったポイントを

        ・時系列がバラバラ
        文章中、どの時期の事を書いているのか?または突然前の話に行き、また突然違う時期の話になったり。
        それに併せて同じ内容が何度も出てくるので、事情をしらない他人が読むと混乱してしまいます。

        ある程度時期の順序に沿って追う、やむなく違う時期の話しをする場合は注釈を入れる等すればかなり読みやすくなります。


        ・人物名が統一されていない

        A氏、B氏とアルファベットになっていますが、同じ人物がある時はA、違う回ではDのように変わるので、これも混乱の素です。

        全編を通して同一人物はAならAと固定したほうが良いでしょう。
        もしくは山田→川田という風に仮名にするのもイメージがつかみ易いです。


        勝手にいろいろ意見しましたが、お気を悪くせず、せっかくの作品なので是非どこかで再掲載して下さい
        | | 2010/05/02 10:20 AM |
         ご意見ありがとうございました。


        何分素人なもので読みづらい箇所はたくさんあると思います。

        出来るだけ直して行こうと思っております。

         ご指摘感謝しております
        | 吉田 | 2010/05/05 9:07 PM |









        http://tosiyosi4811.jugem.jp/trackback/210
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 西新宿空手倶楽部
         愛と平和な 空手な日々
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE